• アクション映画の定義

    アクション映画の定義

    洋画邦画を問わずに特に人気のあるジャンルがアクション映画ですが、家族向けのおすすめのアクション映画としては、レオンを一押しします。
    暗殺者と少女との交流が描かれる本作は、アクション映画としての面白さも十分にありますが、それ以上に繊細なストーリーにも引き込まれてしまいます。
    特に登場人物がとても魅力的で、何度も見たくなるアクション映画の名作です。

    → こちら

  • 金字塔その1「ダイ・ハード」

    金字塔その1「ダイ・ハード」

    ダイ・ハードは1998年に制作に第一作がつくられた、アメリカのアクション映画で、シリーズもされている大人気シリーズです。現在はダイ・ハード6の製作交渉中です。
    主演はブルース・ウィリスです。第一作から最新作まで、前作で主演を務めています。いかつい顔つきの彼が見せる迫力満点のアクションが、人気の理由です。
    いかにもアメリカらしい、ダイナミックな分かりやすいアクションは日本でも大ヒットを記録しているのでアクション映画の代表的存在と言っても過言ではありません。

    → こちら

  • 金字塔その2「マッド・マックス」

    金字塔その2「マッド・マックス」

    前作より27年ぶりに公開され大ヒットした「マッド・マックス 怒りのデス・ロード」ですが、そのオリジナルとも言うべきメル・ギブスン主演で彼のハリウッド進出のきっかけとなったマッド・マックス。多くのアーティストに影響を与えた本編は当時の時代背景の気分を先取りし、一般的なファンのみならず、熱狂的なコアなフアンをも獲得しました。マッド・マックスのエネルギーは30年以上続き21世紀の現代まで続いています。その秘密とはどこからくるのでしょうか。

    → こちら

  • 金字塔その3「ランボー」

    金字塔その3「ランボー」

    ランボーはシルベスタースタローンの代表作の一つになっています。もちろん、シルベスタースタローンの若き日の肉体美、そしてどこまでがスタントかわからないほどの激しいアクションを見ているとだれしもがシルベスタースタローンのファン、ランボーのファンになってしまうことは間違いありません。これは日本であってもアメリカであっても同じことであり、主人公のかっこよさはこれからの時代を超えても変わらないものではないでしょうか。

    → こちら

  • 金字塔その4「沈黙の戦艦」

    金字塔その4「沈黙の戦艦」

    沈黙の戦艦の魅力といえば、なんといってもティーブン・セガールが演じる無敵のコック、ケイシー・ライバックの強さにあります。ケイシーはただのコックではありません。経歴が凄いのです。20数年間米国海軍に勤務し、配属は米海軍特殊部隊でした。在籍中は秘密戦闘要員としてベトナムや中東、パナマで活躍しています。特殊部隊の教官としても優れた指導力を発揮するほどの人物でしたが、パナマで色々あって引退までの間戦艦ミズーリ号でコックを務めることになります。本作は戦艦はその時のエピソードとなっています。

    → こちら

  • 金字塔その5「ポリス・ストーリー/香港国際警察」

    金字塔その5「ポリス・ストーリー/香港国際警察」

    ポリス・ストーリー/香港国際警察は、誰もが知っているジャッキーチェンが香港の警察官となり、さまざまな事件を解決していくという内容ですが、中でも見所は誰もが見入る豪快なアクションシーンでしょう。
    カーチェイスやヘリコプターなど多くの乗り物が登場し、その乗り物を駆使した派手なアクションは、一度見れば誰もがそのストーリーに引き込まれていくことは間違いないでしょう。
    本編は日本でも大人気となり、1作目からシリーズ最後まで長く愛されてきた作品です。

    → こちら